新着情報

[消費税] 個人事業者の自家消費の取扱い2016.7.1

カテゴリー:お役立ち情報 , 消費税

消費税は、原則として、実際に受領した課税資産の譲渡等の対価の額が課税標準となります。
しかし、個人事業者が自分の販売する商品や事業に用いている資産を家庭で使用したり消費した場合(自家消費を行った場合)課税資産等の譲渡の対価の額の受領はありませんが、その時点で、原則として、時価により譲渡したものとみなされ、消費税の課税の対象となります。
ただし、棚卸資産を自家消費した場合は、その棚卸資産の仕入価格以上の金額、かつ、通常他に販売する金額の概ね50%に相当する金額以上の金額を対価の額として確定申告したときはその取扱いが認められます。