新着情報

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

相続登記の義務化2022.1.24

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

◆相続登記は3年以内に 令和3年4月に成立した改正不動産登記では、不動産を取得した相続人に対し、その取得を知った日から3年以内に相続登記の申請が義務付けられました。  これまで登記未了であったすべての不動産にも適用され、 […]

遺贈寄付という選択2021.10.23

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

誰しもいつかは自身に起きる相続という問題。これまでの人生を振り返り、生きた証として、財産を社会に貢献する事業に役立てたい、、、そんな思いを伝える手段の一つに遺贈寄付と言う選択があります。 ◆遺言による遺贈寄付と相続財産の […]

生前贈与の種類と活用のポイント2014.10.1

カテゴリー:相続税・贈与税

1.暦年贈与 贈与税は、一人の人が1月1日から12月31日までの間にもらった財産の合計額のうち、110万円までは基礎控除があるので、110万円までの贈与は非課税となります。 2.相続時精算課税制度 相続時精算課税制度は、 […]

小規模宅地の特例:老人ホーム入所の場合2013.12.27

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

被相続人が老人ホームに入所したことにより居住の用に供されなくなった家屋の敷地について、小規模宅地の特例を適用できる要件が平成26年1月1日以降緩和されます。   即ち、平成26年1月1日以降は次の2つの要件を満 […]

小規模宅地の特例:別居親族が取得した場合2013.10.28

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

被相続人等の居住の用に供されていた宅地等について、次の要件を満たす別居親族が相続した場合、当該小規模宅地の評価は20%に引き下げられます。   ①当該宅地等を相続した親族が相続開始前3年以内に本人又はその配偶者 […]

遺言書と遺言執行者2013.9.17

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

遺言書には自筆証書遺言、公正証書遺言及び秘密証書遺言がありますが、実務的には前2者が大半です。自筆証書遺言は家庭裁判所で検認という手続が必要ですが、公正証書遺言は検認が不要で簡単です。   ところで、相続人が多 […]

平成25年度相続税の改正:小規模宅地等2013.9.17

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

平成25年度相続税改正で小規模宅地等の課税価格の計算の特例が改正されています。   (1)特例居住用宅地等に係る特例の適用対象面積が330㎡(改正前240㎡)に拡充されています(平成27年1月1日以後の相続に適 […]

平成25年度相続税の改正:相続時精算課税制度の拡充等2013.9.12

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

平成25年税制改正で相続時精算課税制度が拡充され、また、教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税措置が創設されています。   1.相続時精算課税制度に係る贈与者の年齢要件が贈与の年の1月1日において60歳 […]

非嫡出子の相続分を定めた民法の規定を違憲とした最高裁決定2013.9.5

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

この9月4日に最高裁は非嫡出子(婚外子)の相続分を定めた民法の規定が憲法に違反し無効だとする決定をしました。   現在、民法900条では結婚していない男女間に生まれた非嫡出子(婚外子)の相続分は嫡出子の2分の1 […]