新着情報

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

個人版事業承継税制と事業の承継2019.8.20

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

令和元年度改正により、いわゆる個人版事業承継税制が創設されました。 一定の後継者が、先代事業者から特定事業用資産(一定の土地・建物・減価償却資産)を取得した場合には、その特定事業用資産に係る贈与税又は相続税の納税猶予・免 […]

個人版事業承継税制と認定支援機関の確認2019.6.24

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

令和元年度税制改正で、人版の事業承継税制が創設されました。本制度の適用を受けるには、経営承継円滑化法の認定を受けることが必要となりますが、税理士等による認定経営革新等支援機関(認定支援機関)が一定の確認をしたことを証する […]

事業承継税制と株式の担保提供2018.6.6

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

いわゆる事業承継税制(一般措置)を適用するには、猶予税額等に相当する担保を提供することが必要です。 担保として株式を提供する場合、「株券発行会社」であれば、法務局への“株券”の供託等が必要ですが「株券 不 発行会社」であ […]

教育資金一括贈与と電子媒体2017.6.4

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

金融機関では、祖父母から孫へ教育資金を贈与する教育資金贈与信託を取りそろえ、顧客の囲い込みに力を入れています。 平成29年度改正では、教育資金一括贈与に係る贈与税非課税措置が見直され今年6月1日から教育資金に払い出した領 […]

名義株と実際の権利者の判定2017.5.11

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

名義株の判定は、相続税調査で対象とされやすい項目といわれています。 最近でも保有していた株式が名義株に当たるとして相続財産の申告漏れを指摘された報道があったところです。 相続税調査での問題のほか権利の帰属等で争いが生じる […]

贈与税の配偶者控除の適用例2016.7.30

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

◎ 贈与税の配偶者控除を適用する際の添付書類の範囲が拡大され移転登記前でも贈与があったことを証する書類があればOKとなりました 平成28年度税制改正省令では,贈与税の配偶者控除を適用する場合の添付書類の範囲が拡大されたこ […]

生前贈与の種類と活用のポイント2014.10.1

カテゴリー:相続税・贈与税

1.暦年贈与 贈与税は、一人の人が1月1日から12月31日までの間にもらった財産の合計額のうち、110万円までは基礎控除があるので、110万円までの贈与は非課税となります。 2.相続時精算課税制度 相続時精算課税制度は、 […]

小規模宅地の特例:老人ホーム入所の場合2013.12.27

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

被相続人が老人ホームに入所したことにより居住の用に供されなくなった家屋の敷地について、小規模宅地の特例を適用できる要件が平成26年1月1日以降緩和されます。   即ち、平成26年1月1日以降は次の2つの要件を満 […]

小規模宅地の特例:特定同族会社事業用宅地等2013.11.11

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

相続開始の直前に同族会社の事業の用に供されていた宅地等で、当該宅地等を相続又は遺贈により取得した当該被相続人の親族(申告期限に同族会社の役員であることが必要)が相続開始時から申告期限まで引き続き所有し、かつ、申告期限まで […]

小規模宅地の特例:別居親族が取得した場合2013.10.28

カテゴリー:お役立ち情報 , 相続税・贈与税

被相続人等の居住の用に供されていた宅地等について、次の要件を満たす別居親族が相続した場合、当該小規模宅地の評価は20%に引き下げられます。   ①当該宅地等を相続した親族が相続開始前3年以内に本人又はその配偶者 […]